CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
コンサートのご紹介

津波楽器によるチャリティーコンサート
〜 祈り 〜 ご報告  
   
2016年3月18日(金)19:00開演

東日本大震災より5年となる3月、津波ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによるチャリティーコンサートを開催させていただきました。おかげさまで満席のお客様とともに、立ち止まって、改めて、そして新たに考える機会になりました。心よりお礼申し上げます。チケットの全収益84万円(280席分)はすべて「花巻・金星少年少女オーケストラ」に寄付させていただきました。

公式HP・ブログ・CD販売
中澤きみ子公式HP http://www.kimiko-vn.net/
中澤きみ子Facebook
中澤きみ子ツイッター http://twitter.com/kimiko_nakazawa
「コアな音楽家ファンのお店」
中澤きみ子CD販売 http://kotsukotsu12.shop29.makeshop.jp/shopbrand/006/O/
コンサートオフィスアルテ・イベント情報 http://coalte.jugem.jp/ 
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
リンク
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode

こんにちは、中澤きみ子です。

日々のヴァイオリニストとしての活動、
考えたこと、訪ねたところ、いろいろなできごと。
私の毎日を、ちょっとだけ切り取ってみました。
<< ヴァレンタイン・コンサート | main | 中澤ホールコンサート 〜フランスから春の風〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | |
TSUNAMIヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによるチャリティーコンサート「祈り」
2016年3月18日/
Hakujyu Hall

震災から5年。TSUNAMIヴァイオリンが最初に作られてから4年が経ちました。その間、「千の音色でつなぐ絆」のプロジェクトを通じ、450人を超える奏者の皆様に弾き継いでいただいてきました。
この日、いままで活動に関わってくださった奏者の皆様と一緒に、「祈り」と銘打ったコンサートを開催することができました。

演奏に先立ち、「TSUNAMIヴァイオリン」への思いや製作過程を描いた新しいフィルムをご覧いただきました。
出演は、宮本笑里Vn、中木健二Vc、須山暢大Vn、
澤和樹Vla、黒沼ユリ子Vn、波多野せいVn、碓井俊樹Pのみなさま。





おかげさまで300席のホールに280枚のチケットをお買い上げいただくことができ、全額、花巻・金星少年少女オーケストラに贈らせていただきました。またあたたかい言葉もたくさんかけていただき、嬉しくまた励みになります。

活動はまだまだ長く続きますが、一区切りとしてまたこれから新たな気持ちで取り組めます。ライフワークとして息長く弾いて参りますので、これからもよろしくお願いいたします。


カルテットでハイドンの「皇帝」1,2楽章、浜辺の歌、ふるさとをお聴きいただきました。
ヴァイオリンもヴィオラも、チェロも、よく鳴って弾き手の思いを伝えてくれます。
演奏も心を込めてそれに答えました。






最後に無伴奏で「からたちの花」を聴いていただきました。TSUNAMIヴァイオリンのCDのタイトル曲ですし、編曲も美しく、それに何と言っても思い入れがあります。ヴァイオリンには歌詞は歌えませんが「からたちの花が咲いたよ、白い白い花が咲いたよ」と歌っているようです。
ご来場の皆様の心に沁みていったなら、そんなにうれしいことはありませんし、それこそがTSUNAMIヴァイオリンの役目です。
「からたちのそばで泣いたよ、
みんなみんなやさしかったよ」


最後は出演者全員でお礼のご挨拶をしました。和気あいあい、晴れやかに、何より感謝を込めて。

終演後ロビーでお見送り。左から中澤宗幸、須山、中澤きみ子、宮本
| コンサート・音楽祭 | 17:34 | comments(0) | - | |
スポンサーサイト
| - | 17:34 | - | - | |